*画像をクリックすると全体を表示します



かつての楽園のやさしい声が、 忘れられないあの歌が、
いつでも微睡みの奥底で揺れている。